フォートナイトシーズンX最終考察2

2って何ぞや?最終考察に2もくそもあるのか?

スラマッパギ~

え~そう思っていると思う方もいると思いますがかなり重要な手がかりが出たのでこれは考察しなおさなきゃと思ったので急遽2を作らせて頂きました。ご了承ください。それではシーズンXのワンタイムイベントの考察開始。

もし時間がない方は目次から考察まとめを見てくれると嬉しいです。

最終考察1はこちら

フォートナイトとは

フォートナイトを知らない方は是非プレイしてください。ルール、人気度、等はこちらの記事を見てください。

ワンタイムイベント日付

日本時間10月14日27:00分です。(USA.Washington, D.C.Time.10/13.14:00)

に行われます。

ワンタイムイベント考察

まず考察材料としてオーバータイムチャレンジでビジターの記憶というチャレンジがありましてその音声データ?をインスタラクトするとビジターの声が入っているのでその内容を考察していきます。

『我々Sevenが試みているものは、非常に危険だ。

見ているのは彼らだけでない。

しかし、それはさやらなければならない、さもなくば、我々は永遠にブリッジを失う。』

『私は、誰も島の形成を計算しなかったと推測する。

その次元間物質の衝突は、進むより、分裂する。

私は直接それを目撃した。ただ抑え込むだけでは分裂を回避することは出来ない。

『私がこれを聞くとき、わたしは思い出すことが出来るだろうか?

またはループするとこれまでと同じように消されてしまうのだろうか?

気にするな-長い予防措置が機能したようだ。』

私…我々…あなた達は、拡大の瞬間に、ループの外に到着した。

これは特異性を効果的に中断した。そして、我々にジャンクションの同期に必要な装置を作製する時間を与えた。』

『私が考慮しなかったものは、装置を起動させる唯一の方法がループ自体の中にあったということだった。

このようにこんなに急で最初のレコーディング。

そしてあなた…私達は、自分自身がループしているのに気づく。』『正確にこのタイマーが達しった瞬間に、ビーコンを起動させて。

Zero Pointは、もう一度抑え込まなければならない。

それが正しいならば、終わりだ。』- サイエンティスト

ちょっと色々多過ぎますがまぁ最初から考察していきましょう。

我々のSevenが試みているものは、非常に危険だ。

見ているのは彼らだけでない。

しかし、それはさやらなければならない、さもなくば、我々は永遠にブリッジを失う。』

我々セブンはビジターやサイエンティストの説明文にセブンセットっと書いてあるのでなんかしらの組織でしょう。そしてその組織は危険な事をしている。しかしそれを行わなければ永遠にブリッジを失う。ブリッジが栄光の架橋的な意味なら永遠に希望を失うということになります。そして次

『私は、誰も島の形成を計算しなかったと推測する。

その次元間物質の衝突は、進むより、分裂する。

私は直接それを目撃した。ただ抑え込むだけでは分裂を回避することは出来ない。

次元間物質すなわちゼロポイントは保管庫に抑え込むだけでは爆発を回避することは出来ない。だがトレーラーではゼロポイントが爆発していた。それについては下記で考察します。

『私がこれを聞くとき、わたしは思い出すことが出来るだろうか?

またはループするとこれまでと同じように消されてしまうのだろうか?

気にするな-長い予防措置が機能したようだ。』

ビジターはループしていた恐らくシーズン4~シーズン10の間をだがループされると記憶を消される。なので音声データを残しておいたそれは消されてしまうのか?いや長い予防装置が機能した。長い予防装置…もしビジターがループする際に毎回ゼロポイントに入るのならばそこにロケットを永遠と飛ばせば忘れない?というものなのでしょうか。

私…我々…あなた達は、拡大の瞬間に、ループの外に到着した。

これは特異点を効果的に中断した。そして、我々にジャンクションの同期に必要な装置を作製する時間を与えた。』

『私が考慮しなかったものは、装置を起動させる唯一の方法がループ自体の中にあったということだった。

拡大の瞬間は恐らくゼロポイントが爆発した時にループのいつもならループする特異点が停止した今の隕石が停止している状態のことですね。そしてビジターにジャンクションの同期に必要な装置このジャンクションとは恐らく色々なループをしたビジター達が制御する場所つまりゼロポイントに同期するそれはゼロポイントを自在に操るということです。その装置つまりマップの一部をシーズン4や3にしたビーコンを作成する時間を与えたということになります。そしてビーコンの起動はループ内推測ですがループ中のビジターしか起動出来ない。すなわちビーコンからきたのはシーズン4の物そしてシーズン5に砂漠は突然現れました。もしかしたらシーズンXの物かもしれません。

このようにこんなに急で最初のレコーディング。

そしてあなた…私達は、自分自身がループしているのに気づく。』『正確にこのタイマーが達しった瞬間に、ビーコンを起動させて。

Zero Pointは、もう一度抑え込まなければならない。

それが正しいならば、終わりだ。』- サイエンティスト

正確にタイマーが達した瞬間ビーコンを起動させてゼロポイントをもう1度抑え込む。

タイマーとは今ロケットの上にあるタイマーそれが00:00:00になった時ビーコンを起動する。今ビーコンは起動されているのにつまり真の起動は別世界のビジターが起動させて真の起動。その時ゼロポイントVSロケットいやビジターが始まる。サイエンティストより。

考察まとめ

ビジターはセブンセットと説明文にある。セブンということは恐らくビジターは7回ループされているそして既に死亡したビジターが5人。そしてもう2人はビジターとサイエンティストでビジターはループ外に出た。この時点でループ中のビジター、ループ外のビジターつまりサイエンティストが存在している。そしてサイエンティストはいつかループ外に出ると踏んで音声データを残した7人目のビジターでループ外にでた。そしてサイエンティストは自分が前にロケットに設定したタイマーの時間が来るたびビーコンを起動した…

信じるか 信じないかは あなた次第

言ってみたかった。パート2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

URLが含まれる投稿は無視されますのでご注意ください。